雑記と記録。

日々の感想と(主に食べ物)残しておきたい記録(主に食べ物甘い物)

ホテルニューオータニ幕張『新春スイーツコレクション2018』

この記事をシェアする

こんにちは!寒いです。あま子です。
今年も新年早々、甘活*1に励みます!

2018年最初の活動は、めちゃんこ楽しみにしていました、ホテルニューオータニ幕張で行われた『スイーツコレクション』です!

あのSATSUKIスイーツがブッフェで食べ放題と言う、今後の甘活に色んな意味で、支障が出そうな位、贅沢でスペシャルなスイーツブッフェです!

◆ブッフェ概要
『新春スイーツコレクション2018』

場所:ホテルニューオータニ幕張(2階ホワイエ)
日時:2018年1月3日(水)
(1部)12:00〜13:30 (2部)15:10〜16:40
料金:大人¥5,500・小学生¥3,000・幼児¥2,000


◆スイーツ好き必見!大人限定プレミアムシート¥7,000

・開始時間20分前よりお席へご案内
・ スイーツ近くの特別席へご案内
・スパークリングワイン、ウェルカムプレート付
※今回はこちらのプレミアムシートを利用しました。

因みに、ホテルニューオータニ幕張さん。電車では、初めて伺ったのですが、今まで伺ったどのスイーツブッフェよりも、遠かったです(笑)
でも、それを凌駕する、幸せをいただけました(=^^=)どうぞ私の思い出を記録させて下さいね。

いただきます!

最初に頂いたお皿。

上から。スーパーチョコレートショートケーキ、スーパーあまおうショートケーキ、スーパーメロンショートケーキ、エクストラ スーパーあまおうショートケーキ、東京スーパーチーズケーキ

◆東京スーパーチーズケーキ

スフレタイプですが、しっとりと重めに焼き上げられた、チーズの旨みのある生地が美味しいです。
トップのクリームと生地との間の、ブリュレされたザラメ?、ナパージュの甘酸っぱいアプリコットジャムが、舌に直接感じる、第一印象のアクセントです♪
そして中には、ふくよかな洋酒香るラムレーズンがたっぷりと入り、時として、凡庸になりがちなチーズケーキに、華やかさを加えて、とても美味しい仕上がりのチーズケーキになっていました。
ラムレーズンがとにかく秀逸で贅沢な美味しさ!

◆エクストラ スーパーあまおうショートケーキ

私のブッフェでのNo.1ショートケーキ♪
こっくりとした生クリームは、甘さよりも先にパッと口の中に広がる、アーモンドミルクの香ばしいナッティ感が、一段上の生クリームへと、押し上げています。

生クリームは乳脂肪分が高く、控え目な甘さだと油脂感を強く感じてしまいますが、そこにアーモンドミルクを加える事で柔らかく、風味が加わるんですね!素晴らしいですヽ(*^^*)ノ

サンドする生地は上下で違う凝った作り。
ふんわりとして、サラッと口溶ける、卵の旨味を感じる上の生地。
下の土台の生地はシリアル入りの独特な香ばしさと、ザラっとしたアクセントを残り香にしつつ、こちらも口溶けは、あくまでもサラッとしています。
そして、エクストラを冠したのに相応しい、厳選されたあまおうは、はちみつでマリネされて更に生クリームに馴染み、甘酸っぱい幸せ…

もう、絶品です!

苺、生クリーム、生地の基本構成のショートケーキとしては完成系ではないでしょうか。
勿論、好み価格帯を考えると、見方も様々だと思います!

「こだわり」で作られたショートケーキは突き抜けていて、色んな意味でとても感銘を受けます。こうしたケーキを頂ける機会、「こだわり」の味と触れ合えるのは、甘い物好きとして本当に有難い、幸せな事です。
心から、来て良かったなぁ、感謝だなぁ、とじーん。と噛みしめながらいただきました(*^^*)

◆スーパーメロンショートケーキ

すっきりとした甘さの生クリームに、サラリと口溶ける、抜群に美味しい生地。そこに、じゅわりとジューシーにメロン果汁が浸み出して、びっくりするほど美味しいです!

ショートケーキにメロン。最初に考案された方は天才…!

今回はエクストラの構成力に軍配が上がりますが、実は個人的な好みだと、ショートケーキはメロンが一番好きなんです♪
スーパーメロンショートケーキ、お店売り品を絶対に今年は食べるぞ!と決めました(^^)

◆スーパーあまおうショートケーキ

個人的には苺のショートケーキは、エクストラが最上位ですが、こちらのスーパーあまおうショートケーキは、エクストラの個性(アク)を削ぎ落とした印象。

上質でシンプルな素材だけで勝負している分、素直に、フワリと染み込む様な、苺のショートケーキの美味しさです(^^)
アクが無いので食べやすく、こちらの方が好みと感じる方も、多いかも知れません♪

◆スーパーチョコレートショートケーキ

周りを覆う生クリームは、内包された美味しさを引き立てる様に、すっきりとした甘さ控え目なクリームです。
ナッツ入りチョコレートクリーム、塩気がポイントのキャラメルクリーム、チョコレートスポンジやシリアル入りスポンジ等の、他層構造が、周りのクリームと混ざり合うと、一体感のある素敵な美味しさです♪

チョコレートの濃厚さと、ショートケーキの軽やかさを、両方楽しめる、ちょっと欲張りなショートケーキですね(*´︶`*)


東京スーパーピュアプリン、あまおうゼリー、あまおうプリン、マカロン三種


グラスデザート類

◆東京スーパーピュアプリン

軽くまろやかな生クリームの下には、懐かしい固さの卵力あるプリンと、甘さ、苦味の塩梅が絶品!なカラメルソース。
これ、めちゃ美味しい(;`O´)o
プリンは、とろける派の私がクラっと、懐かし派に傾く位、全部のバランスが絶妙!凄く優しいのに、カラメルソースの余韻の甘苦さが後を引きます。

◆あまおうゼリー

苺色って何でこんなに可愛いのだ?
とぅるん〜とスプーンから逃げちゃうのも、ニコニコしてしまう、キュートな色合い!苺の味わいの変化を三層にした、凝った作りです。

SATSUKIさんのあまおうゼリーは、甘さも、ふるふるな舌触りも、贅沢なあまおう感たっぷりで、とても美味しいです!(^^)

◆あまおうプリン

卵力ある超美味しいプリンに、超美味しい(語彙が足りない)あまおうジュレ。
なんて、夢のプリンなんでしょう。

凄く美味しい〜〜ヽ(*^^*)ノ

東京スーパーピュアプリンよりも、とろけるプリン寄りで、あまおうジュレや生クリームとの一体感を出しているのが、流石だなぁと感じました。

グラスデザートはこの三つしかいただけませんでしたが、どれも完成度の高いデザートで、嬉しい美味しい幸せ!

◆マカロン三種

生地はカリサクッと歯が沈み、内層のしっとり感もある、私の好みのタイプでしたが、生地自体からはガツンと来る、お砂糖の甘さが一番強く、フレーバーの風味はあまり感じられず、残念。

クリームが全てバタークリーム系で、それぞれの風味は感じられたのは良かったです。

マカロンとしては、やはりエルメさんと比べてしまうので、自分の好みとは違いましたが、ブッフェでこの様なレベルの高いマカロンをいただけて、とても嬉しかったです!


あまおうナポレオンパイ、新edo抹茶ミルフィーユ、スーパーオペラ、新edo大納言ショート、スーパーモンブラン

◆あまおうナポレオンパイ

サクサクバリバリを期待すると、あれ?と感じる、しんなりしたパイ生地でした。それはそれで個人的には楽しめるのですが、ならば水分吸収用のスポンジはなくても良いかも!と私は思いました♪

個人的にミルフィーユのカスタードは、バニラビーンズたっぷりが好みのタイプです。
バニラビーンズ高騰のせいか今回、バニラがあまり感じられず(卵力は存分に感じました!)個人的には、少々パンチ不足なカスタードの印象でした。
ですが流石、あまおう苺のジューシーな甘さにほっぺたは緩みまくり、パイ皮の落ち葉をお皿に散らして、夢中でいただく私であります。

◆新edo抹茶ミルフィーユ

居並ぶ姿から、端麗な多層断面にうっとり。これ食べたい、これ楽しみ!とはしゃいでしまいます。

実際にいただくと、その複雑な構成には驚きます。
パイ生地はしんなりタイプ。
抹茶クリームに、餡子、羊羹、マロン等の和素材を包むように、カスタードのもったりとした洋の味わい
ミルフィーユと言う枠を超えた、『新』が付くのも納得の、斬新な構成なんですが、私が日本人だからでしょうか?
驚きの味わいではなく、どこか馴染みのある、落ち着く美味しさなんです!

お店売りの正式バージョンの、簡易的な作りの様ですが、ブッフェでこんな複雑なお菓子をいただく事が出来るなんて、感激でした!

あぁ…この断面のお写真、うっとり。ずーっと、ずーっと、見ていられます(=^^=)

◆スーパーモンブラン

ほっくりと滋味深い味わいの和栗のマロンペーストがとにかく美味しいです!
こちらも黒蜜の餡子と葛羊羹が和のアクセントで加えられてます。
土台のシリアル入りの香ばしいタルトが、別個の焼き菓子として、成立する程の存在感です。個人的には、モンブランを謳うには、少々土台がボリューミー過ぎかな?と感じました。
和栗のマロンペーストの、繊細な美味しさが、少し勿体無い印象でした。

◆スーパーオペラ

圧巻の層!
チョコレートガナッシュやバタークリーム、エスプレッソの苦味に、染みたビスキュイのほぐれる舌触り。
層全てが、上質感で主張しているのが凄いです。オペラでありつつ、オペラを超えている、とても贅沢な作り。

各層を、パティシエの方が、どの様な手仕事で、仕上げられているのかと、想像すると更に、一層一層が生き生きとして、本当に美味しいです!

つい、全体の一体感より、ちみちみと各層を味わう楽しみ方を、してしまう私でありました( ´艸`)

◆新edo大納言ショート

日本が誇る色彩。抹茶色!
なんて優美で、凛とした、清涼感を纏った色なんでしょう♪

フランス菓子を愛する私ですが、この色彩には惹かれて止みません。

そしてとても美味しいです!ヽ(*^^*)ノ

抹茶スイーツは個人的には、難しい分類なんですが、深く香る抹茶クリームの苦味と、ねっとり濃い甘さの黒蜜の餡子、これら和の素材の魅力。
スポンジの優しい口当たりに、生クリームの円やかな、まとめ役の、洋素材の美味しさ。

和と洋、どちらも上手く生かされた、非常に手の込んだ作りに、ため息です。
ブッフェ用の簡易バージョンで、この完成度!本当にいただけて感謝の気持ちでいっぱいでした。


新edoシュークリーム、チョコレートブリオッシュ、あまおうパリブレスト

◆新edoシュークリーム

可愛らしいサイズですが、お味は本格的!
シュー皮のクッキー部分も軽やかな甘さ♪歯切れも良くて、シュー生地が、とても美味しいです(^^)
サンドされた、生クリーム、カスタードのダブルクリームの下には、和の餡子と羊羹!びっくりの和と洋のコラボレーションシュークリームです。
勿論、美味しいです!

◆チョコレートブリオッシュ

ボリュームにビクビクしつつ、分厚いチョコレートガナッシュの層の、つやつや美味しそうな様子に惹かれてしまいました。

肌理が粗く、ボソモソした歯切れのブリオッシュ生地は好みが分かれそうです(私は意外に好きです)
でも、このボソモソ感が、こってりした濃厚なチョコレートガナッシュと生クリームを、口の中でほどける様な食感と共に、丁度良く流してくれて、美味しいです!

計算された、心地の良いバランスでした。

◆あまおうパリブレスト

ざっくりしたシュー皮のアーモンドが香ばしいです。甘いあまおうと、とろん。としたコクのある、ディプロマットクリームが抜群に相性が良く、美味しいです!
SATSUKIさんの、このクリームは飲みたい位、私のツボでした( ´艸`)

一通り頂いて、これが嬉しい!これが幸せ!おかわりに突入です♪


ロールケーキは三種類ありましたが、キャパシティが足りず、一つだけに絞っていただきました。選んだのは、見た目はシンプルなこちらのロールケーキにしました。
以前食べて、とても美味しかったんです!わくわく。

◆クラシックツインロール

このロールケーキは生地が主役です。中央のしっとり感が強い生地と、周りの黄身色も鮮やかな卵味を楽しめる生地。
その二つを繋ぐ、カスタードの役割の大きい事!甘さとコクが足されて、すっごく良いアクセント♪
更に全体を軽い生クリームがまとめてくれて、絶妙なバランス!とても美味しいロールケーキです!

実は私は生地主体のロールケーキは、然程好みではないはず、なんですが。
このクラシックツインロールケーキは使われた素材の上質さ、シンプル故に丁寧に、こだわって作られた美味しさが、ダイレクトに伝わり、とってもとっても好きです!

ふかふかしっとりの幸せ。美味しいなぁ♡


絵面が殆ど、最初と同じですが、使い回しではありません(笑)

やっぱり最後はお気に入りを選んだら、ショートシリーズでした(=^^=)

ご馳走様でした!

果たして、ここまで読んで下さった方はいらっしゃるのか…汗
2018年のレポートはもう少し、簡潔にわかりやすく、と思っていたのですが、結局こうなってしまいました。くどくどと、本当にごめんなさい(^^;)

デザート一つ一つ、いただく度に、美味しい物を食べられる幸せと、美味しいデザートの秘密を考えたり、つい、気持ちが溢れてしまいます。

要は『こんなに美味しい甘い物食べました!パティシエさん凄い!大感謝!』
だけなんですよね(*´︶`*)色々付け足したくなってしまうのが、私の悪い所です。


まとめ。

同じSATSUKIスイーツでも、作り手が違えば、同じレシピでも、受ける印象が変わったりしました!違いを楽しめて、なんてラッキーなのかしら(^^)

ニューオータニ幕張さんのSATSUKIスイーツとして、こんなにも贅沢に味わえる機会をいただけて、本当に幸せと、感謝の気持ちでいっぱいです。

ご馳走様でした。
とても美味しい、幸せなひと時でした。感謝。

あま子

今年もこの調子ですが…
どうぞよろしくお願い致します…!(/ω\)

◆プレミアムシート ウェルカムデザート

着席時にプレミアムシートの方にはウェルカムデザートがありました♪
これが最高!滑らかで甘いあまおうのジェラートに、もったりとした濃いクリーム、フレッシュでジューシーなあまおうが、三位一体でかっちりとハマり、めちゃ美味しい!
出来るならおかわりしたかった…素敵なウェルカムデザートでした♪感謝。



*1:甘活=お砂糖中毒のワタクシ、あま子が『甘い物を食べて幸せになる活動』と言う、他の人にはどうでもいい活動。