雑記と記録。

日々の感想と(主に食べ物)残しておきたい記録(主に食べ物甘い物)

ウェスティンホテル東京【ザ・テラス】抹茶デザートブッフェ 2018年5月

この記事をシェアする

こんにちは、あま子です!
初夏の足音も聴こえるような、緑濃く萌ゆる季節です♪
デザートブッフェ界でも、鮮やかな新緑の”抹茶”をテーマとしたフェアの開催を多くみかけます。

わたしが趣味のスイーツブッフェ巡りで毎月伺う、ウェスティンホテル東京『ザ・テラス』さんでも満を持して抹茶をテーマとしたデザートブッフェの開催です!
f:id:amamonolunako:20180517143454p:plain

意外な感じがしますが、なんと抹茶デザートブッフェは初開催だそうです。
わたしが勝手にデザートブッフェ界の帝王と思っている、テラスさんによる初開催の新テーマ!めちゃめちゃ楽しみに伺いました!

ザ・テラス 抹茶デザートブッフェとは

お店の情報

MATCHA DESSERT BUFFET
抹茶デザートブッフェ

~深い味わいと贅沢な香りをスイーツに~
若草萌える季節。デザートブッフェ初となる、大人テイストの抹茶デザートブッフェが登場いたします。宇治抹茶などを贅沢に使い、シェフが創作した多彩な抹茶スイーツが並びます。
※サイトより引用

  • 場所:ウェスティンホテル東京インターナショナルブッフェレストラン『ザ・テラス』
  • 期間:2018年5月1日(火)~6月29日(金)
  • 時間:15:00~17:00(平日限定)
  • 料金:大人3,900円 子供(4〜12歳)1,950円

※別途消費税、サービス料13%加算で通常4,759円。spg10%割引利用で4,283

結論から言うと
テラスさんの圧倒的な底力が遺憾無く発揮された、素晴らしいクオリティのデザートブッフェでした!

f:id:amamonolunako:20180517151906j:plain
個人的な主観(超甘党の濃厚好き)になりますが、わたしが実際に伺い、食べた物の感想をレポートします♪

ランチとディナーではメイン会場?今月のアトリエコーナーはこんな様子

f:id:amamonolunako:20180517153455j:plain
アトリエコーナーは冷蔵です。スイーツがベストな状態で管理されているのがうれしいです!
f:id:amamonolunako:20180518013714j:plain
ニューヨークチーズケーキ、ほうじ茶のクレームブリュレ、リンツァーシュニッテン
f:id:amamonolunako:20180518013804j:plain
プラリネノワール、キャラメルマンゴームース、なめらかプリン

  • 多少の変化はありますが、基本的にランチブッフェはこちらがデザートのコーナーになります。

この毎月変わるアトリエコーナーの品揃えが好みかどうか、デザートメインでランチに伺う方は、重要なポイントだと思うので参考にして下さいね!

  • ディナーブッフェではこのアトリエコーナーを基本とし、更にデザートブッフェで並んだフェアのメニューも、入れ替わりで提供されます(これが、ものすごく嬉しい。テラスでディナーはそれがメイン目的な方も多いはず・笑)

f:id:amamonolunako:20180518013841j:plain
ティラミスタルト、チョコレートクリームチェリーソース、リコッタチーズケーキ
f:id:amamonolunako:20180518013903j:plain
ラズベリー入り苺と桃のゼリー、抹茶のテリーヌプリン、マンゴープリン

f:id:amamonolunako:20180518013924j:plain
ストロベリーショートケーキ、甘夏みかんゼリー、タルトアプリコット
アトリエコーナーは以上です!今月もバラエティ豊かで、このコーナーだけでも満足度高いですねぇ♡

今回レポートするデザートブッフェでは、この素敵なアトリエコーナーはもちろんいただけます。そして、メインブッフェ台に抹茶フェアのメニューが並ぶんですよーっ♪
甘い物好きの理性を試されている…


ここからはそんな夢の国に並ぶスイーツをご紹介します(*´ー`*人)

抹茶デザートブッフェにはこんなスイーツが並びます!

※アトリエコーナーのデザートにはメニュー名の前に【アトリエ】を、お酒を使用した表示のあるデザートには*マークをつけています。

f:id:amamonolunako:20180517152025j:plain
左上から苺と抹茶のベリーヌ、【アトリエ】なめらかプリン、抹茶のティラミス、抹茶風味のモンブラン、抹茶のクリームとアーモンドケーキ、抹茶とビターチョコレートのドームショコラ、抹茶とアプリコットのタルト

【アトリエ】なめらかプリン

プリンは舌が敏感なうちに、繊細な美味しさを味わいたいので、最初にいただきます。

もーっ(つω`*)たまらない!

最近は『かための卵を感じられるプリン』が一歩リードしていた、私の(一人)プリン戦争に迷いが…

テラスさんのなめらかプリン、美味しいですね!

卵感はさほど強くはないのですが、舌触りとゆるさ、カラメルの苦味、そしてアングレーズソースの甘濃いとろみが組み合わさると、最強ですね…。
f:id:amamonolunako:20180517153118j:plain
最初ちょっと量が多いなぁ、と感じましたが、スプーンが止まらない止まらない(笑)最初からお腹にたまってしまったけど、めちゃ美味しかったからニタニタが止まらない!

f:id:amamonolunako:20180517153827j:plain

抹茶のティラミス

ブッフェ台に整然と並ぶ姿が、ミニ盆栽のようでかわいいなぁ〜(*´ー`*人)

抹茶はやわらかな風味程度の軽い、マスカルポーネクリームに、ジュワジュワ抹茶スポンジの定番の作り。
甘さは控えめ。カカオニブにかけられた抹茶が、全体を引き締めていました(何度か書いていますが、テラスさんのこのカカオニブ×抹茶って本当に素晴らしい発想!)
f:id:amamonolunako:20180517153920j:plain
むしろこのカカオニブ+抹茶が、メイン?の様なお味の中心でした。

f:id:amamonolunako:20180517153547j:plain

抹茶風味のモンブラン

はっきりと感じる抹茶の苦味・渋味と、栗の滋味深いほっくり感が融合して、まったりねっとり濃厚〜な奥深いモンブランクリームとなっています。
これは美味しいです!

作りとしては抹茶モンブランクリーム、生クリーム、抹茶シロップじゅわじゅわのスポンジ、抹茶カスタード。抹茶づくし!
f:id:amamonolunako:20180517153709j:plain
苦味、渋味、甘さ、乳製品や生地感、全てぎゅっと詰まったデザート。
これ1つでかなり「抹茶感」を堪能出来るのも良いですね。

あまりキャパがないけれど、フェアの抹茶を楽しみたい方は、抹茶風味のモンブラン、オススメします(^^)

f:id:amamonolunako:20180517154440j:plain

抹茶とアプリコットのタルト

大ぶりなビスケット、ぷにぷにしたドライアプリコット、抹茶クリームは軽めで苦味の主張は強くはありません。

土台のクッキータルト台の中には抹茶ケーキ、一番底にアプリコットソース入りと凝った構成です♪
ほろ苦い抹茶と杏の甘酸っぱさの相性の良さのせいでしょうか、この組み合わせが今回目立ちました。
f:id:amamonolunako:20180517154750j:plain
タルトカップの中が抹茶ケーキで、全体的に粉物感があり、なかなかボリュームがあるタルトでした。

f:id:amamonolunako:20180517154854j:plain

抹茶のクリームとアーモンドケーキ

器から飛び出ている、みっちりぎっちりしたアーモンドケーキの、こっくりバター風味豊かなこと〜!
これ単体で美味しい子です。

追い打ちで、ケーキの下の部分がシロップに浸って、ジュワジュワなんですよ…

こっくりバター風味のアーモンドケーキが、シロップでジュワジュワですよ!?
大事なことなので2度言いました。

f:id:amamonolunako:20180517155118j:plain
デザインも本当にかわいい。センス良い!
もろもろと崩れながらじゅわ〜とくるこの食感。幸せの極み…。

ケーキだけで満足しそうですが、器の底に入れられた、ちょっと苦味のある抹茶カスタードと小豆の存在も忘れないで下さいね。

オススメはアーモンドケーキの、シロップに浸っていない上の方をちょっと残しておいて、器に残ったクリームを浸けて食べる!です。

あぁ…
もう…
尋常じゃなくほうじ茶*とあいます。ありがとうございます(つω`*)
*今月から煎茶がなくなり、かわりにほうじ茶がドリンクメニューに追加されました。

f:id:amamonolunako:20180517155619j:plain

苺と抹茶のベリーヌ

”いちごの酸味”と”抹茶の渋味”を繋ぐのが、乳製品のまろみでした!

色合い的には美しいのですが、酸味と渋味の組みあわせって、お味はいかがなんだろう?そう思いましたが

さすがテラスさん、ばっちりとまとめて下さっていますよ!
f:id:amamonolunako:20180517155747j:plain
食べやすい渋味控えめな抹茶クリームの下には、みずみずしいジューシー感のあるフレッシュな苺やベリーがゴロゴロ。

苺の甘酸っぱいソースにヨーグルト系クリームが合わせられていました。
合わせた抹茶クリームが、渋味を強調させすぎていない絶妙な塩梅なのが、全体を違和感なくまとめている秘訣でしょうか。

下層に進むと抹茶感はほぼ感じないデザートですが、逆に重いデザートの合間にいただくとリセット出来ますので、個人的にとても好きでした(^^)

f:id:amamonolunako:20180517160252j:plain
左上から、赤いベリーと抹茶のトライフル、抹茶のブランマンジェ柚子のゼリー、抹茶とラズベリーのフール、抹茶のフォンダンタイムの香り、ミゼラブル”抹茶”、【アトリエ】リコッタチーズケーキ

【アトリエ】リコッタチーズケーキ

全体がやわらかな印象のチーズケーキ。下三分の一はスポンジです。

その上のしっとりやわらかな口どけの、チーズケーキ部分が、かぐわしいリコッタチーズ味でとても美味しいです。
f:id:amamonolunako:20180517160918j:plain
チーズのつまった濃密なチーズ感を味わいたい方は、テラスさん定番品のニューヨークチーズケーキの方がオススメですが、こちらはやわらかい味わいのチーズケーキとして楽しめました。

f:id:amamonolunako:20180517161115j:plain

赤いベリーと抹茶のトライフル

ベリーヌがさっぱりとまとまっているのに対し、こちらは全体が濃い作りです。

トップの抹茶クリームもコクがあり、その下のバニラクリームは風味ゆたかで甘さもしっかり感じます。

中層のベリー果実がみっしりと入ったベリーソースはぎゅっと来る酸味と濃さ!
合間にも抹茶ソースが入り、抹茶の渋味も加えています。
f:id:amamonolunako:20180517161324j:plain
これぞテラスさんらしい、ゴリゴリの抹茶×甘さ×果実の酸味三位一体のこゆ〜い味デザートですね。

私はこういうの、すごく好きなんですよねぇ!
これこれ!とスプーンを運びながらニタニタと味わいました(*´ー`*人)

f:id:amamonolunako:20180517161352j:plain

抹茶とラズベリーのフール

このミニチュアっぽいサイズ感がとてもいいなぁ。シンプルですがセンスのあるデザインもすごく素敵。

かろやかなあっさり抹茶クリームに、果肉入りベリーソース、チョコレートソース?、じゅわじゅわ抹茶スポンジに、抹茶カスタードの構成。
f:id:amamonolunako:20180517161610j:plain
トップの抹茶クリームにあまりコクを感じず、ベリーその他との組合せで、お味がどことなく他のいくつかのデザートと若干かぶる印象でした。
(ただこのサイズは本当に食べやすく、ありがたい!)

f:id:amamonolunako:20180518003016j:plain

抹茶のフォンダン タイムの香り

抹茶の香りとタイムの香りが喧嘩しないのだろうか?
心配ご無用。
むしろタイムの存在感がとても薄く、タイムを摘んで、思わずくんくんしてしまいました。

そうすると、感じられた抹茶とタイムの、良い意味で葉っぱの青臭い香りのマリアージュ
f:id:amamonolunako:20180518003205j:plain
抹茶のフォンダンはとてもとてもなめらか
素直な味わいで、抹茶のにが甘さをストレートに感じられます。

そこにスパイス的にそこに香りのマリアージュを加えているデザート。黒豆のふくふくした食感もアクセントですね。

一番シンプルに抹茶の豊かな香りを感じられる、なめらかさが美味しいデザートでした。

f:id:amamonolunako:20180518004149j:plain

抹茶のブラマンジェ柚子のゼリー

抹茶のブラマンジェは、とろ〜りふるふる舌触りが絶妙で美味しいです。
小豆もほっくりと粒感が残ったタイプで、お豆好きには嬉しいですね。

トップの柚子のゼリー(寒天)が、かなりはっきりとした柚子味です!
にが酸っぱいお味に、柚子の香りも立っています。

下の甘い小豆と抹茶ブラマンジェとは、味的に喧嘩と取るか、味の対比をアクセントと取るか、好みが分かれそうです。
f:id:amamonolunako:20180518004618j:plain
わたしはすっぱ〜!から、ゆるふわとろ〜り、苦甘いへの味の変化が、新鮮で結構好きです♡

ブッフェではこういう、普段あまり見ない素材の組み合わせと出会えるのが嬉しいなぁ(^^)寒天が少しボリューミーですが、お腹に余裕がある方は是非食べてみて下さい!

f:id:amamonolunako:20180518005145j:plain
今月のわたしのお気に入り!
ベルギーの伝統菓子ミゼラブルを、抹茶にアレンジ。

ミゼラブル”抹茶”

アーモンド風味のみっしりとつまった重い生地に、抹茶バタークリーム。トッピングに粉糖と抹茶がかけられているのも、小さなポイントですが美味しさを引き上げています。

あ〜〜〜たまらない!!(つω`*)

ふうわりとお口で広がるアーモンド生地の、味わい深いお味。

そこに抹茶を絶妙な配合量で混ぜ込んだ、こってりバタークリームの美味しいこと…シンプルな作り故に、各パーツの味わいをそれぞれダイレクトに感じ、楽しめます。
f:id:amamonolunako:20180518005425j:plain

まったりとしたバタークリームの後味に、抹茶のすっきりとした渋味を加えたミゼラブル。

わたしは初めていただいたんですが、これってすごく、すごーく、美味しいですね!!ケーキとして完成してる…素晴らしいです。

バタークリームはちょっと苦手な方も、お友達と半分こ、でも良いので是非ひとくち食べてみていただきたいなぁ!とオススメしたいお気に入りのケーキでした。

f:id:amamonolunako:20180518005735j:plain
左上から、抹茶2倍のクレームブリュレ、【アトリエ】チョコレートクリームチェリーソース、抹茶とフロマージュのフラン、抹茶のクリームアプリコットと小豆のタンバル、抹茶のシュークリーム、ホワイトチョコレートと抹茶のタルト

f:id:amamonolunako:20180518010708j:plain

抹茶2倍のクレームブリュレ

私の舌が馬鹿舌だと、再認識します(今更)
抹茶2倍…
なの…?

”テラスさんの2倍”にドキドキしていましたが、大丈夫でした(笑)

うん。甘さをおさえた抹茶の滋味深い味わいは、たしかに濃いですが、そこまで苦味や渋味が強烈というわけではありません。
f:id:amamonolunako:20180518010744j:plain
口に広がるまろやかなブリュレの口あたりが、抹茶の濃さを緩和しているのもありますね。

正直、ちょっと濃いかなー?程度で、逆にキャラメリゼ部分の甘さが際立つ、風味豊かな美味しい抹茶ブリュレ、でした♪

f:id:amamonolunako:20180518011003j:plain

抹茶のクリーム アプリコットと小豆のタンバル

トップのクリームの下に、小豆と缶詰のアプリコット、抹茶カスタード、底にビスケットが入った定番のタンバル。

缶詰ですがドライではない、アプリコットのジューシーな食感と甘さが美味しいポイントですね。
f:id:amamonolunako:20180518011134j:plain
意外に?抹茶クリームとアプリコットの相性も良いなぁ〜と思いましたが、よく考えると”抹茶クリームあんみつ”と似た構成ですね!

あんみつは干しあんずが添えられる事多いですが、フレッシュなアプリコットとの組み合わせも美味しい新発見でした♪

f:id:amamonolunako:20180518012438j:plain
ホワイトチョコレート好きな方ははぜひ食べてください!

ホワイトチョコレートと抹茶のタルト

ホワイトチョコの喉にがっつりくる、濃い甘さに、抹茶が混ぜられて、苦味と甘さのバランスが抜群です!

ザクザククッキータルトカップに、それはそれは濃く甘い、抹茶ホワイトチョコレートガナッシュがたっぷりとつまり、こってりザックリ。
ガナッシュ部分をぺろっとなめてその濃い甘さ、美味しさにうっとりしちゃう…

クッキータルトカップと味わうと、ケーキと言うよりもやみつき系のちょっとジャンクな、チョコレートのお菓子にも感じます♡
f:id:amamonolunako:20180518012727j:plain
あまぁい、魅惑の抹茶チョコ味を堪能できますよ!
甘党にはグッとくる。好き…(*´ー`*人)

ただ、トッピングのレッドカラントやブラックカラントがかなり酸味が強いので苦手な方はお気をつけ下さい。抹茶ガナッシュが甘いので更に酸味が強烈に引き立っています(それが美味しいのですが)

f:id:amamonolunako:20180518011304j:plain
愛おしい子達がつまった、うっとりするこのお皿ごと強奪したい…(ダメですよ)

抹茶のシュークリーム

パンパンに詰まった抹茶カスタードをたんまりたっぷり堪能出来ます。
苦味と渋味がキチンときいている、まろやかだけではない、キレのある抹茶カスタードが美味しいです♪
f:id:amamonolunako:20180518011542j:plain
今回のデザートブッフェでは抹茶カスタードが多用されていますが、単体でお口いっぱいに抹茶カスタードを頬張る幸福感って、また格別なんですよね…(*´ー`*人)

f:id:amamonolunako:20180518170818j:plain

【アトリエ】チョコレートクリーム チェリーソース

これはデザインも、フォレノワールのグラスデザートバージョン?と感じます。チョコレートとチェリーの抜群の相性の良さを感じられるデザート。

チョコレートクリームがとにかく滑らかで、濃く、チョコレートの海に溺れるような甘さに酔える、すっごく美味しいクリームです!(強烈に甘くて重濃いので苦手な方は避けてくださいね)
f:id:amamonolunako:20180518011610j:plain
そこに好物の甘酸っぱいチェリーソースと生クリーム、落ち葉に見立てた削りチョコレート。

テラスさんらしい、非常にふりきった、甘さ、濃さ、うふふ。
これ、とても美味しいです!アトリエコーナーで食べた中では、わたしの一番お気に入りでしょうか(*´ー`*人)

f:id:amamonolunako:20180518011933j:plain
これも濃厚好き、こってり好きな方にぜひ食べていただきたい、私の超イチオシです!

抹茶とフロマージュブランのフラン

スプーンを入れるとがっつりと抵抗を感じる、かたく重い抹茶のペーストタイプ。

ひとくちこのペーストを食べた時の、パッと感じた印象は本当に
重っ!濃っ!美味しすぎ!

ねっとりとした舌触りに、チーズと抹茶の風味のなんとも言えない、マリアージュが素晴らしく美味しい〜っ

頭の中でジタバタしちゃう(つω`*)

甘さはそこまでではないのですが、とにかく濃いので非常に『濃い甘いものを食べたい欲』が満たされます。

f:id:amamonolunako:20180518012101j:plain
上にトッピングされた、酸味のあるサワークリームと小豆が、狙いとしてはきっと”箸休め的アクセント”のはずですが、むしろボリュームを更にアップさせている存在感でした(笑)

器も大きめ、かなりのヘビーさなのでキャパを圧迫します。でも好きな方には堪らない、甘い濃さに酔えるデザートなので、他のメニューと相談して食べてみて下さいね♡

f:id:amamonolunako:20180518130703j:plain
左上から、【アトリエ】マンゴープリン、【アトリエ】ラズベリー入り苺と桃のゼリー、【アトリエ】プラリネノワール*、【アトリエ】キャラメルマンゴームース*、抹茶とコアントローのチョコレートケーキ*

抹茶とコアントローのチョコレートケーキ*

お酒を前面に出したケーキってテラスさんでは珍しい様な?お酒をしっかりと感じられるので、苦手な方は避けて下さいね。わたしはお酒を使ったスイーツが大好きなので、「お!」と嬉しかったです♪

コアントローはオレンジの香りがするリキュール。

チョコレートと柑橘系は相性が良いので、チョコレートスポンジに染みたコアントローの風味がとても良いですね!軽めのケーキに深みを加えています。

その分”抹茶感”は正直弱いので、チョコレートケーキの印象が強いケーキでした。

【アトリエ】マンゴープリン

トッピングにフレッシュなマンゴー、小さなタピオカ。上がココナッツプリンと下がマンゴープリンの二層です。

マンゴーの美味しい季節がもうすぐです。季節先取りのお味ですが、マンゴーがちゃんと甘くて嬉しい驚き!

プリン部分はしっかりとマンゴー風味で、上のココナッツプリン部分のミルキーな甘さと非常に相性が良いです。出来るならおかわりしたいくらい、とても美味しかったです。

テラスさんのフェアでも大好きな、トロピカルフェアが今から楽しみになる、マンゴープリンでした♪

【アトリエ】ラズベリー入り苺と桃のゼリー

桃の風味が強いゼリー。ラズベリーの果肉がゴロゴロと入って、酸味は苺が一番感じました。
爽やかすぎない、桃の甘さが主張するゼリーでした。ゼリー系の質の高さは、テラスさんが一番だなぁと個人的には思います♡

【アトリエ】ミルクチョコレートとレモンのムース*

ミルクチョコムースの甘さの中にレモンムースの、ふっとかおるレモン風味は優しめです。

これからの季節向けに、チョコレートケーキに爽やかさをプラスし、食べやすいアレンジにまとまっていました。

【アトリエ】キャラメルマンゴームース*

マンゴーソース、キャラメルムース、ココアスポンジ、マンゴームース、ココアスポンジ、土台生地の構成だと思うのですが、何よりもマンゴームースに入ったラムレーズンのラムがきいた印象のケーキ。

詰め込み過ぎて味の印象がとっ散らかってしまった感じで、正直、わたしは全部を食べても味の主軸がつかめませんでした。
でもちゃんと美味しいのが不思議です…これが「ケーキ」という作品の楽しさですね。

f:id:amamonolunako:20180518130055j:plain
左上から、抹茶ミルク、【アトリエ】クレミア、【アトリエ】ニューヨークチーズケーキ、【アトリエ】抹茶のテリーヌプリン、ミゼラブル”抹茶”、赤いベリーと抹茶のトライフル

抹茶のテリーヌプリン

むっちりつまったパンプディング抹茶味。
見た目より味の濃密感はありませんが、とにかく食べ応え感はあり。
抹茶味が強烈に強いわけではないので、キャパに余裕がなければ見送っても良いかもしれません。

f:id:amamonolunako:20180518130447j:plain

抹茶ミルク

テラスのミルクシリーズは素直な味すぎて、正直面白味がないのですが、それがまた魅力?
牛乳に抹茶を入れた味です!(笑)

抹茶の濃さはそれほどではないので、飲みやすい味わいです。飲む前に下に沈殿しているので、振るのを忘れないで下さいね(^^)

f:id:amamonolunako:20180518132134j:plain
お気に入りをもう一度食べられる幸せ。今月はこの子も美味しかったなぁ〜とうっとりと眺めます

f:id:amamonolunako:20180518131916j:plain
最後にいただいたお皿。抹茶とビターチョコレートのドームショコラ、抹茶とフロマージュのフラン、ストロベリーショートケーキ
f:id:amamonolunako:20180517155312j:plain

抹茶とビターチョコレートのドームショコラ

これは間違いない子!
ビターチョコレートムースの中に、負けじと苦味のある抹茶ムース、そして全粒粉の香ばしさかおる、ザクザクビスケット。
濃く、甘さと香りの主張がある素材同士の組み合わせですが、チョコと抹茶の相性は本当に良いですよね!

チョコレート味主体ですが、間違いなく美味しいです。
こちらは皆さんにオススメしたい、抹茶とチョコを楽しめる美味しいケーキです(*´∇`*)
f:id:amamonolunako:20180517155420j:plain
そして、美しい艶々のグラサージュ、綺麗に飾られた抹茶と金箔のデコレーション。もう、本当にこのケーキはブッフェ用ですか?と毎回感激してしまいます。
すっごく、1つ1つが、綺麗です!素敵です(^^)

まとめ。

ここまでご覧下さって、ありがとうございます。
今月の抹茶デザートブッフェはいかがでしたでしょうか。魅力が少しでも伝わっていると良いのですが…

私はこうしてレポートを書きながら、しみじみと「テラスさんって、本当にすごいなぁ〜〜このブッフェに通えて、私は本当にラッキーだなあ!(つω`*)」
なんて、思い出して悦に入っております。

大げさでなく、ほんと、ラッキー。幸せです。

抹茶デザートブッフェは、感嘆のため息が思わず出てしまう、素晴らしいクオリティでした。

好みの差はありますが、個性がキラリと光るスイーツから、テラスさん独特な品、良い意味で凡庸なスイーツも取り揃え、全てが一定水準以上の質です。

特に見た目に関しては、1つ1つの圧倒的なセンスの良さ、作り込み方、デザートブッフェでこれだけの物をこの規模で、提供できる所は他にないのではないでしょうか。圧巻です!

超厳選!個人的お気に入りのデザート

  • 抹茶モンブラン
  • ミゼラブル”抹茶”
  • 赤いベリーと抹茶のトライフル
  • 抹茶とフロマージュブランのフラン
  • 【アトリエ】チョコレートクリーム チェリーソース
  • 抹茶のクリームとアーモンドケーキ

注意:あくまで個人的な好みです!どれも濃厚、甘い、濃いお味のデザートです♪

あれもこれも、と増えて厳選でもなんでもなくなったので、泣く泣く外したデザートも多いです。

他には、苺と抹茶のベリーヌ、ホワイトチョコレートと抹茶のタルト、【アトリエ】マンゴープリンなどなど…どんどん増える…(^^;)


素晴らしかったです。
見ただけで、心がうるおう、美しいスイーツ達に囲まれる時間が本当に幸せ。ここに居られることがありがたいです!

作って下さったパティシエのみなさま、本当にご馳走様でした。

ご覧くださった方の少しでも参考になれば嬉しく思います。
あま子

にほんブログ村 スイーツブログへ

予約について

デザートブッフェは公式サイトからネット予約も可能ですが、正直埋まっている事が多く、予約困難な状況です(2018年5月現在お一人から予約出来ます)
ですがキャンセルも出る事もありますので、あきらめずに電話で問い合わせをおすすめしますよ!

他にデザートの品数は減りますが、ランチブッフェやディナーブッフェはお得な価格のプランがあるのでこちらもおすすめです。
・アトリエコーナーのデザートだけでも充分満足度高い【ザ・テラス】のお得なランチブッフェ

・抹茶デザートブッフェのデザートも出る【ザ・テラス】のお得なディナーブッフェ

個人的には、ローストビーフやお食事も楽しめ、デザートブッフェで出たフェアの品もアトリエコーナーの入れ替わりで登場する【ディナーブッフェ】を特におすすめします♪

時間も長く、ゆったりと楽しめたディナーブッフェの様子はこちらからどうぞ。わたしもまた伺いたいと思います(^^)
www.amakozakki.com