雑記と記録。

日々の感想と(主に食べ物)残しておきたい記録(主に食べ物甘い物)

【パティスリー&カフェ デリーモ】幸せになれる場所♪ 2019年食べた物記録

パティスリー&カフェ デリーモ で2019年パフェ・スイーツ 食べた物レビューブログ
パティスリー&カフェ デリーモ 2019年の記録
こんにちは、あま子です。
チョコレート好きが幸せになれる場所「パティスリー&カフェ デリーモ」さん!

いつもメニューを見ては『あれも食べたい これも食べたい…迷う〜〜』と、大変苦悩しながら(笑)その日のメニューを選んでいます。

どれを選んでも、目でも味でも、幸せになれちゃう大好きなお店。

季節限定で、その時期しか味わう事の出来ないのが勿体無いメニューも多いので、記録としてレビューしたいと思います(^^)


【パティスリー&カフェ デリーモ】幸せになれる場所♪ 2019年食べた物記録

パティスリー&カフェ デリーモさんは現在7店舗。私は赤坂のお店が閉店後2018年にオープンした東京ミッドタウン日比谷店に伺うことが多いです。
パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷 ケーキのショーケース写真
カフェ入り口にあるケーキのショーケース

ショコラティエが創るパティスリーとカフェ

デリーモはベルギーの高級老舗チョコレートブランド「デルレイ」のカフェでシェフを務められていた、江口和明氏が、シェフショコラティエ、シェフパティシエの総責任者をされているお店です。

ショコラトリー・パティスリー・カフェが「美味しくミックス」されたお店で、とらわれる枠のないメニューは、食べたい物が沢山!メニューを見るだけでワクワクしちゃう、素敵なお店です。




2019年にデリーモさんで食べたパフェやケーキを追記して記録しています♪

パフェ|メランジュフリュイHIBIYA〜淡雪姫〜

2019年3月〜ミッドタウン日比谷限定パフェ メランジュフリュイ シリーズ第8弾のパフェをいただきました。

ミッドタウン日比谷 パティスリー&カフェ デリーモ メランジュフリュイ HIBIYA 淡雪姫
メランジュフリュイ HIBIYA 淡雪姫
「淡雪姫」見た目もネーミングもなんて素敵なのかしら。高級白いちご「淡雪」を使用したパフェです。
pâtisserie&cafe デリーモ メランジュフリュイ 淡雪姫の写真
メランジュフリュイ HIBIYA 淡雪姫 全体図
メランジュフリュイHIBIYA 淡雪姫
2,500円(消費税8%込 2,700円)

可愛い!赤とピンクと白で構成されたデザイン。

「メランジュフリュイ シリーズ」は実際に間近で見た時のときめき感が本当にありますね(^^)

パティスリー&カフェ デリーモ ミッドタウン日比谷限定パフェ メランジュフリュイHIBIYA 淡雪姫 正面写真アップ
正面アップ
ダイナミックに見えつつ、繊細なバランスで盛り付けられた各パーツ。パフェの完成度にそれぞれ意味のある存在です。
ミッドタウン日比谷限定パフェ パティスリー&カフェデリーモ メランジュフリュイ 淡雪姫の写真
淡雪姫の横顔
ショコラパーツ「ルビーチョコレート」がとても好みなので、もう少し食べたかった…😋

好きな物は後で派。もちろん高級白いちご「淡雪」は最後にとっておいて(笑)大事にいただきました(甘さは程々ですが、見た目の印象からすると酸っぱくないのがちょっと新鮮ですね)

デリーモ メランジュフリュイ HIBIYA 淡雪姫 パフェの感想と写真 レビューブログ
淡雪姫の後ろ姿
今回のメランジュフリュイ はラズベリーアイスのさっぱりした美味しさが中心。そこに濃厚なフロマージュブランやクランブルで、満足度を高める甘い重さを足していました。

チョコ感は控えめ。フルーツ主体、甘過ぎず、食べやすい構成なのでベリー系が好きな方に、特におすすめです(^^)



ケーキ|デュオピスターシュ

パティスリー&カフェデリーモ ケーキ デュオピスターシュ
パフェをおかずにケーキを食べる。
淡雪姫と合わせたケーキはデュオピスターシュにしました。
ミッドタウン日比谷 パティスリー&カフェデリーモ デュオピスターシュ
デセール風盛り付け デュオピスターシュ
デュオピスターシュ
600円(消費税8%込 648円)

ふきつけられた鮮やかな薄グリーンのポワポワ。舌触りがなんか好きなんですよね♪

パティスリー&カフェデリーモ デュオピスターシュの写真
色合いのコントラストが美しいデザイン
ホワイトチョコレートの軽めのムース、中になめらかでコクのあるピスタチオクリーム。アクセントにグリオットチェリーのジュレの酸味。土台は食感を邪魔しないピスタチオの柔らかめ生地。
デリーモ ケーキ デュオピスターシュ 断面写真と感想レビューブログ
デュオピスターシュの断面図
周りのムースはクリーミーで軽いタイプ。

中のピスタチオムースが主役。素晴らしいなめらかな舌触り。

ピスタチオの豆感はジュレの酸味で和らぎ、しつこさは一切ありません。とても軽やかで食べやすいピスタチオケーキ。

私はピスタチオのケーキは豆感が濃くて後味もしつこいのが好きなので、デリーモさんでは「ヒビヤ」が好きです(^^)

こちらはあっさりといただけるピスタチオ感なので、みんなが好むタイプ!


パフェ|サクラブロッサム

2019年3月〜(ミッドタウン日比谷限定・期間限定)サクラブロッサムをいただきました。

デリーモ 東京ミッドタウン日比谷店 限定パフェ サクラブロッサム メニュー写真
サクラブロッサム メニュー
先に言ってしまうと、今まで赤坂の時代から食べたデリーモさんのパフェで一番お気に入り!
ミッドタウン日比谷 パティスリー&カフェデリーモ サクラブロッサム パフェ写真
サクラブロッサム全体図
サクラブロッサム
1,380円(消費税8%込 1,490円)

可愛い!!
だけじゃないの

東京ミッドタウン日比谷 パティスリー&カフェデリーモ サクラブロッサム パフェレビューブログ
可愛いだけじゃなくて完璧に美味しいパフェ構成でした
めちゃめちゃ美味しい!!
パフェの構成は

  • サクラ
  • ピスタチオ
  • グリオットチェリー
  • ショコラ

思わずメニューを食い入るように見て「これは私のためのパフェ!」と勘違いするくらい(笑)
全部私の好きなもの構成でした…!

この構成で食べられるなんて、嬉しすぎる。

ミッドタウン日比谷限定パフェ パティスリー&カフェデリーモ サクラブロッサムのアップ写真
可愛い「桜メレンゲ」はパフェ上部のアクセント
二つの乾燥した桜の花弁、桜をかたどったメレンゲや、キラキラクリスタルの桜ゼリー、散らされたピスタチオのグリーン等々、なんてセンスが良いデザイン。
パティスリー&カフェデリーモ ミッドタウン日比谷限定 サクラブロッサムパフェの後ろ写真
後ろも抜かりなく綺麗
崩すのがもったいなくて、長いことクルクル回して(笑)パフェの姿を楽しんだ後は、溶けてしまう前に、ドキドキしながら一口。

パフェってこの「早く食べないと崩れてしまう一瞬の儚い美味しさ」が凄く魅力(^^)

パティスリーアンドカフェデリーモ 東京ミッドタウン日比谷限定 サクラブロッサムパフェ 桜アイス
桜アイスが本当に美味しい
「私、こんな桜アイスが食べたかったんだ…!」と開眼する程、好みの桜アイスが嬉しすぎる😳
パティスリー&カフェデリーモのサクラブロッサムパフェの感想ブログ
桜アイスはそのままが一番だけど、ちょこっとショコラソースをかけて楽しんでみたり
パティスリーアンドカフェデリーモ 東京ミッドタウン日比谷限定 サクラブロッサムパフェの解説 ブログ
パフェ上部
ミルキーストロベリークリームのこってりとした、甘い舌触りにうっとり。そしてピスタチオアイスの華やかで濃厚な豆豆しいお味も最高です。
パティスリー&カフェデリーモ ミッドタウン日比谷限定 サクラブロッサムパフェの下部写真
パフェの下部
パフェ上部のクリーム主体でどちらかと言えば濃い甘い味わいを、下部の大好物グリオットチェリーの深みのある甘酸っぱさと、すっきりとした苺のフルーツでリフレッシュ。

大好きな素材ばかりを
絶妙なバランスで配分して
最高に美味しいマリアージュパフェ!

このパフェはまた食べたいくらいお気に入りです…!(^^)

パティスリー&カフェデリーモ パフェとケーキの写真
パフェをおかずにケーキを食べる。ケーキをおかずに?多分どっちでも良い。
スポンサーリンク


ケーキ|デリーモ

パティスリー&カフェデリーモ ケーキ「デリーモ」の写真
ケーキ「デリーモ」店内でいただくとデセール風にお皿アートしてくれるのが嬉しいです♪
デリーモ
680円(消費税8%込 734円)

普段あまり「コーヒー」が使われたケーキは選ばないのですが、このデリーモは抜群のコーヒー(エスプレッソ)使いで、苦手な方もぜひ食べてみていただきたいケーキでした。

パティスリー&カフェデリーモ ケーキ デリーモの写真
気持ちもほぐれるような優しく淡いベージュ色の艶めきも好き
キャラメル風味のブロンドチョコレートムースが、びっくりするくらい濃密でクリーミーな舌触り。一口を含むと広がるキャラメル風の甘塩香ばしい風味にうっとり。
ミッドタウン日比谷 パティスリー&カフェデリーモ ケーキ「デリーモ」の断面写真と感想ブログ
断面からも抜群のクリーミーさがうかがえる、素晴らしい舌触りです
濃ゆい味わいの中に「エスプレッソ」のキレのある苦味が加わって、その緩急のつけ方は「デリーモ」の店名を冠したケーキに相応しい完成度です。

「デリーモ」とっても美味しい、大人向けのケーキです♪



パフェ|メランジュフリュイHIBIYA~ブラックルージュ~

2019年1月〜(ミッドタウン日比谷限定・期間限定)メランジュフリュイHIBIYA~ブラックルージュ~をいただきました。

パティスリー&カフェデリーモ ミッドタウン日比谷限定 メランジュフリュイ HIBIYA ブラックルージュ
メランジュフリュイ HIBIYA ブラックルージュ
注意|いただいたのは2019年2月です。
パティスリー&カフェデリーモ ミッドタウン日比谷限定 メランジュフリュイ HIBIYA ブラックルージュ
メランジュフリュイ HIBIYA ブラックルージュ
メランジュフリュイ HIBIYA ブラックルージュ
2,300円(消費税8%込 2,484円)

パティスリー&カフェデリーモ メランジュフリュイ HIBIYA ブラックルージュの写真 ブログ
目の前にした時の「美しさ」と「美味しそう」を両立した造形美にクラクラ
「ヴァンパイアのくちびる」をイメージした、黒と赤の鮮烈なビジュアルは大人っぽい魅力にあふれていました。

デリーモ メランジュフリュイ HIBIYA ブラックルージュの構成
メランジュフリュイ HIBIYA ブラックルージュの構成
味わいの中心は濃厚なショコラアイスですが、周りを彩るフランボワーズの酸味やオレンジのメリハリのある爽やかさが、ボリュームを感じさせない食べやすさでした。
パティスリー&カフェデリーモ メランジュフリュイ HIBIYA ブラックルージュの後ろからの写真ブログ
あらゆる角度からも完璧
「ショコラとフルーツのマリアージュ」を楽しめ、各パーツそれぞれの主張のある味わいが次々と訪れる、玉手箱のような、贅沢で美味しいパフェでした(^^)


ケーキ|ヒビヤ

シェフのスペシャリテである「オセロ」もほんと〜に美味しくて好みで迷うのですが…日比谷店限定の「ヒビヤ」もとってもおすすめ!

パティスリー&カフェデリーモ 東京ミッドタウン日比谷限定ケーキ ヒビヤ
ミッドタウン日比谷限定ケーキ「ヒビヤ」
ヒビヤ
630円(消費税8%込 680円)


つやつや美しいグラサージュに包まれる、プラリネの濃い風味とショコラの甘やかな味わい。後味にアーモンドの香味がふんわりと香ります。

パティスリー&カフェデリーモ ミッドタウン日比谷限定ケーキ ヒビヤの写真と感想
ドキドキしながら少しカット。ピスタチオの薄いグリーンが覗きます
更にピスタチオの青っぽい豆感も加わって、とにかく濃密な満足感が口の中に訪れます💕
パティスリー&カフェデリーモ ミッドタウン日比谷限定ケーキ「ヒビヤ」の断面写真と味の感想ブログ
カットした際の美しい内部の構成にも魅了されます
土台にサクサクした食感のフィアンティーヌのアクセントもあり、重いケーキですが飽きずに最後まで美味しくいただけます(^^)

ショコラとナッティ感を堪能出来るケーキです。また食べたいケーキ♪


まとめ|パティスリー&カフェデリーモ

ケーキとチョコレートとパフェとカフェが大好きな私にとって、まさに理想のお店なのが「パティスリー&カフェデリーモ」さんです。

他にもご紹介したいメニューもあるし、新作も食べたいし、追いかけるのも「わ〜大変!食べるの忙しい!そして嬉しい楽しい💕」と、ハッピーをくれるお店です(^^)

幸せな気持ちになれるひと時を下さる、パティシエの皆様、スタッフの皆様。ありがとうございます。

甘いものやチョコレートが好きな方は、よかったら是非チェックしてみて下さいね。

あま子
にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村



パティスリー&カフェデリーモ 東京ミッドタウン日比谷店について

日比谷店はミッドタウン地下のメインストリートに面しています。いつ行っても賑わっているので店内の撮影は難しいのですが、開放感があるのでカフェとして気軽に利用しやすい雰囲気のお店です(^^)

私のお気に入りは「カウンター席」があるところ!
一人でも利用しやすいし(混んでいる時におひとり様って申し訳ない気がして遠慮しちゃいますよね?)フラ〜ッと伺って、ぼーっと目の前の壁を見て(笑)落ち着いて休めるので、お気に入りです。

✅お店の情報

パティスリー&カフェデリーモ
東京ミッドタウン日比谷店

  • 住所:東京都千代田区有楽町1丁目1-3 東京ミッドタウン日比谷 B1F
  • 電話:03-6206-1196
  • 営業時間:11:00~23:00(LO.22:00)
  • 定休日:施設に準ずる
  • アクセス:東京メトロ千代田線・日比谷線 ・都営地下鉄三田線「日比谷駅」A11出口と直結

混み合う時間も多いので伺うのが決まっていたら、2名〜ぐるなびから席の予約が出来ます(^^)

他のパティスリー&カフェデリーモ ミッドタウン日比谷店の記事はこちらです
www.amakozakki.com