雑記と記録。

日々の感想と(主に食べ物)残しておきたい記録(主に食べ物甘い物)

【パレスホテル東京】の「マロンシャンティイ」ケーキ記録。

パレスホテル東京「マロンシャンティイ」
パレスホテル東京「マロンシャンティイ」

パレスホテル東京のロビーラウンジで「マロンシャンティイ」をいただきました。

パレスホテル東京の「マロンシャンティイ」

「シャンティー」ではなく「マロンシャンティイ」

東京會舘の元祖「マロンシャンティー」とパレスホテル東京の「マロンシャンティイ」はとっても似ています。

それもそのはず。
パレスホテル開業時に、東京會舘の田中徳三郎氏が総料理長に就任したことから、メニューに東京會舘の流れを汲む物が多くみられ「マロンシャンティイ」もその一つ。

伺ったのは丸の内「パレスホテル東京」
今回伺ったのは丸の内「パレスホテル東京」

うっとりする白い山。これが「マロンシャンティイ」

パレスホテル東京マロンシャンティイ
これを見てときめかない甘党さんはいるのだろうか。いや、いない(反語)

ティーはおすすめをお聞きしてハーブティーの「レモングラス」をお願いしました。ポットで提供され、飲み頃を注いで下さいました。

淡い色合いですが、爽やかなレモングラス香がゆたかに広がるティーでした。ホッとします。

パレスホテル東京スイーツセットのティー
テーブルに天井の照明が反射。光の数がパレスホテル東京のモチーフと一緒!素敵

「10粒の栗」が使われたマロンシャンティイ

パレスホテル東京「マロンシャンティイ」はお姫様みたいに可愛い
白いドレスを着たお姫様みたいな愛らしさの「マロンシャンティイ」

一つの「マロンシャンティイ」に使われるのは約10粒もの栗。これを丁寧に裏ごし、栗本来の風味をそこなわないよう甘さを抑えたまろやかな生クリームとあわせる。「栗と生クリームだけのシンプルなデザートだからこそ、お客様に驚きと感動を与えたい」極めてシンプルなデザートのなかにも田中の教えが受け継がれている。
公式サイトより引用

なんと一つのマロンシャンティイの中に10粒もの栗が使われているそうです。実際に食べてみると、納得の「栗の美味しさ凝縮感」がすごいデザートです。

スポンサーリンク


たっぷりの生クリーム

パレスホテル東京「マロンシャンティイ」
胸が高まるこの瞬間
ホイップされ、ふんわり軽くて質量をあんまり感じないタイプの生クリーム。甘さは控えめ。

パレスホテル東京「マロンシャンティイ」断面写真
ちろっと。マロンの夢が詰まってる
まず、ホワホワのクリームを味わう。やわらかな甘さに「にっこり」

白い山の中身は栗10粒の迫力

パレスホテル東京のマロンシャンティイの断面写真
底にごく薄いスポンジが敷かれていますが、クリームの中身は「栗オンリー」

裏ごしされた栗、荒く刻まれた栗、ざらつぶ感やホクホク感、あらゆる「栗の特徴」を食味と食感で楽しめます。

パレスホテル東京「マロンシャンティイ」断面写真
クリームは甘さ控えめですが、中の栗はとても甘いバランスです
潔く、「クリームとマロンのみ」で奏でられる、マロン好きには堪らない美味しさを、ボリュームあるサイズで心ゆくまで堪能できます。

マロンにかなり甘さが付けてあるので、個人的には生クリームは無糖でも良いかなと思いますが、この甘さ故に感じられる、多幸感も、この「マロンシャンティイ」の重要なポイントかもしれませんね。

まとめ。栗とクリームの幸せを堪能

パレスホテル東京のマロンシャンティ
東京會舘よりも、パレスホテル東京の「マロンシャンティイ」の方が、見た目もクリームのエッジが柔らかく、軽やかな印象
パレスホテル東京のマロンシャンティイは「栗」を食べた満足感と、「栗と生クリームの織り成すハーモニー」もとても楽しめる逸品です。

おし寄せる栗!クリーム!栗!の濃密な「栗の口福感」に幸せ満ち満ちです。ぜひ食べて見て下さいね(^^)


あま子
にほんブログ村 スイーツブログへ

スイーツセットのメニュー

パレスホテル東京公式サイトスイーツメニュー
公式サイトメニュー「スイーツセット」2,000円(税・サ抜き)を頼みました
いくつかプラス料金のスイーツもありますが、「マロンシャンティイ」はドリンクとのセットで、税金・サービス料(10%)込みで2,376円でいただけます。

パレスホテル東京について

  • ロビーの雰囲気は開放的な天井高です。大きな窓外からは緑を感じられる、とても気持ちが良い眺めが望めます。女性スタッフは和装で素敵です。
  • こちらでは和風のアフタヌーンティーもいただけるので、そちら目当てにまた伺ってみたいですね。ただ、平日でしたが、ティータイムは少々混雑していたかな。奥の席の席間が少々狭いので、出来たら窓際が良いなと感じました。
  • 今回いただいた「マロンシャンティイ」もいただける6階ラウンジバー「プリヴェ」でのアフタヌーンティーもあります。

一休>【アップグレード】オリジナルカクテル付「クラウン」のシェフが手掛けるプリヴェ・アフタヌーンティー


お店の情報