雑記と記録。

日々の感想と(主に食べ物)残しておきたい記録(主に食べ物甘い物)

ウェスティンホテル東京 ザ・テラス【デザートブッフェ】2018年9月チョコレートデザートブッフェ

ウェスティンホテル東京「ザ・テラス」チョコレートデザートブッフェ 感想レポートブログタイトル画像
ウェスティンホテル東京「ザ・テラス」2018年9月チョコレートデザートブッフェ
こんにちは、あま子です。ウェスティンホテル東京「ザ・テラス」のチョコレートデザートブッフェに行って来ました。感想をレポートします。

ウェスティンホテル東京 ザ・テラスのデザートビュッフェについて

ウェスティンホテル東京「ザ・テラス」で平日限定で行われている、デザートブッフェは季節・月ごとにテーマが変わります。
同じテーマでも、毎月並ぶスイーツがガラッと変わるのも魅力!予約困難な大人気のデザートブッフェとなっている理由の一つです。

2018年9〜10月のテーマは「チョコレートデザートブッフェ」

今月と来月は毎年大人気の「チョコレート」がテーマです。

ウェスティンホテル東京「ザ・テラス」チョコレートデザートブッフェ
ザ・テラスのデザートブッフェの素晴らしさを堪能出来る、私の大好きなテーマです!
お店の情報

チョコレートデザートブッフェ

  • 場所:ウェスティンホテル東京インターナショナルブッフェレストラン『ザ・テラス』
  • 期間:2018年9月3日(月)~10月31日(水)
  • 時間:15:00~17:00(平日限定)
  • 料金:大人3,900円 子供(4〜12歳)1,950円

※別途消費税、サービス料13%加算で通常4,759円。spg10%割引利用で4,283

ザ・テラス アトリエコーナーについて

ザ・テラス アトリエコーナー2018年9月
アトリエコーナー


アトリエコーナーとは

  • メインブッフェ台にはフェアのメニューが並びます。その他にも冷蔵のデザートコーナーがあります(アトリエコーナー)
  • 「ザ・テラス」のランチディナーでのデザートは基本このアトリエコーナーの品揃えです
  • ディナータイムのみ、デザートブッフェで出されたメニューが「一部入れ替わり」で並びます。入れ替わる数や内容はその日によって差があるようです。

2018年9月のアトリエコーナーデザートメニュー

お酒を使用している表示があるものは*をつけています

ボネ*、ラズベリーとグレープフルーツのゼリー
ボネ*、ラズベリーとグレープフルーツのゼリー
マスカルポーネとイチジクのタルト、チョコレートクレームブリュレ*、ヘーゼルナッツシュークリーム
マスカルポーネとイチジクのタルト、チョコレートクレームブリュレ*、ヘーゼルナッツシュークリーム
紅茶のババロア*、フルーツショートケーキ
紅茶のババロア*、フルーツショートケーキ
クレームアンジュ、洋ナシとカラメルのムース*、チャイプディング
クレームアンジュ、洋ナシとカラメルのムース*、チャイプディング
ミルクチョコレートとピスタチオのムース*、リンゴとカシスのタルト
ミルクチョコレートとピスタチオのムース*、リンゴとカシスのタルト
グランマニエ ショコラ*、ぶどうのゼリー*、ニューヨークチーズケーキ
グランマニエ ショコラ*、ぶどうのゼリー*、ニューヨークチーズケーキ
>目次にもどる
スポンサーリンク


ここからは「チョコレートデザートブッフェ」メインブッフェ台も含めた様子になります。

チョコレートデザートブッフェに並ぶスイーツ

ウェスティンホテル東京「ザ・テラス」デザートブッフェ台
メインブッフェ台はぜ〜んぶ「チョコレートのデザート」です!!チョコ好きはこの光景だけで歓喜!!
今月は入場に手間取ったので、スイーツがたくさん並ぶ綺麗なブッフェ台は一部しか撮影できませんでした。16時過ぎのブッフェ台の様子として参考にしていただけたら幸いです。

目立った品切れはありませんでした。「なくなってしまうのでは?」という不安もなく、安心してスイーツを選べます。企業努力に心から感謝です。利用する私も、焦らずに食べきれる分だけをお皿に盛るように、気をつけたいなと思いました(^^)

実際に食べた感想レポートと写真

最初のお皿

ブラックフォレスト*、チャイプディング、バナナとチョコレートのショートケーキ*、ホワイトチョコレートと柚子のヨーグルト、クレームアンジュ、チョコレートとラズベリーのチーズケーキブラウニー、チョコレートフォンダン レモンとタイムの香り
ブラックフォレスト*、チャイプディング、バナナとチョコレートのショートケーキ*、ホワイトチョコレートと柚子のヨーグルト、クレームアンジュ、チョコレートとラズベリーのチーズケーキブラウニー、チョコレートフォンダン レモンとタイムの香り

ブラックフォレスト

ザ・テラス ブラックフォレスト
ブラックフォレスト、フランス語ではフォレノワール。私の大好きなケーキ!今回はグラスデザートとして楽しめました
ホワッとたっぷりの甘〜いチョコホイップに、スポンジから、まるでババのようにじゅわじゅわ〜と刺激的なキルシュ(さくらんぼのブランデー)がしみ出します。これは好き!
ザ・テラス ブラックフォレストの構成
お酒の効いたシロップがしみ込んだスポンジが潜んでいます!美味しい〜
まろやかなカスタードと、グリオットチェリーソースが甘酸っぱい大人味として、全体を緩急のある味わいにしています。
ザ・テラス ブラックフォレストのデザイン
チェリーを表現したトップのデザインも可愛い
やわらかな酸味と甘さ、お酒使用によるキリッとした苦味もあり、素敵なグラスデザートでお気に入りでした。

【アトリエ】チャイプディング

ザ・テラス チャイプディングの写真
ホイップ、アングレーズソースの下には、チャイのプディングがたっぷりと入っている為、ボリュームがあります
スプーン一口いただくと、なめらかな口あたりの後に、チャイのスパイス感を感じる、茶葉の風味が広がります。
チャイプディング
弱すぎず強すぎないスパイス感
ふくよかなチャイの茶葉の香りと、ピリッとした優しい刺激、まろやか味のアングレーズソース。とびきりお互いを引き立たせ合う、甘いしあわせのお味です。

チャイ好きの人は是非食べてください(^^)

スポンサーリンク


バナナとチョコレートのショートケーキ*

ザ・テラス バナナとチョコレートのショートケーキ
ちょっと高さのある四角いケーキはザ・テラスのデザートブッフェでは目新しい印象でした
まるでパティスリーで売られているような素敵なビジュアルのケーキ。
ウェスティンホテル東京 デザートブッフェ バナナとチョコレートのショートケーキ
お味もバナナとチョコレートという定番の素材を、ザ・テラスの表現で秀逸なケーキに仕上げられています。
上下のブラックスポンジは厚さがありますが、意外にもほんわりと空気を含んだ、軽めのスポンジ生地。サンドされたチョコ生クリームの軽やかさを邪魔しない生地で、流石と感じる、バランスの良さ。

軽やかなチョコ生ホイップは甘〜く、カットされたバナナと頬張るとお口の中で「上品なチョコバナナのしあわせ」が訪れます。
ザ・テラス バナナとチョコレートのショートケーキ断面図
一気にフォークでカットすると、やわらかなホイップが「ぶにゅ」とはみでるのが、愛おしさがこみあげちゃいました。

ホワイトチョコレートと柚子のヨーグルト

ホワイトチョコレートと柚子のヨーグルト
可愛いけど、このスプーンはとっても食べにくいです!笑
甘〜いまろやかなホワイトチョコのホイップが「幸せ〜」な甘ホワホワ具合です(^^)

そしてその下の柚子ヨーグルト。とろみの強い薄〜いレモンイエローにはギュギュッと、どギツイとも感じる強い柚子の風味と、乳感の強〜い濃縮したような、甘酸っぱさが詰まっています。

ザ・テラス チョコレートデザートブッフェ ホワイトチョコレートと柚子ヨーグルト
是非カカオのチョコレートの風味の合間に取り入れて下さいね、お口がリセットする、パンチあるテラスさんらしい美味しさです
ホワイトチョコの甘さがぶっとぶ、濃ゆい柚子ヨーグルトの存在感にノックアウト(嬉)この濃ゆさ、私は大好きです!

「さっぱりと見せかけて、実は濃厚デザート」とってもお気に入りで大好きなお味です。

チョコレートとラズベリーのチーズケーキブラウニー

(ブッフェ台)チョコレートとラズベリーのチーズケーキブラウニー
チョコレートとラズベリーのチーズケーキブラウニー
器の中に、カカオの濃い甘さのある濃密なブラウニーがたっぷりと詰まっています。
チョコレートとラズベリーのチーズケーキブラウニー
スライスチーズをのせて焼かれたような見た目(つまりチーズ好きにはたまらない吸引力のあるビジュアル)
塩気のあるチーズケーキが薄く流し込まれ、ラズベリーソースもマーブルに入れられています。

ブラウニー部分がかなり重めでガッツリとしたチョコ味です。そこをラズベリーソースの甘さで緩和し、さらにチーズケーキ部分の塩気が「甘じょっぱ」な美味しさを加えていました。

チョコレートとラズベリーのチーズケーキブラウニーの中身
チーズケーキ部分がもっと分厚くて良いよ良いよ良いよ(お願いします)
ボリュームがあるために一つだけでしたが、出来ることならもう一ついただきたかったデザートです。

【アトリエ】クレームアンジュ

アトリエコーナー クレームアンジュ
【アトリエ】クレームアンジュ
オレンジ果汁やパイナップルの爽やかな酸味と甘さのあるソースの上に、ちょこんとフワッフワのチーズムースがのっています。

ウェスティンホテル東京デザートブッフェ クレームアンジュ
フアフアのその食感はまさに「神様のごちそう!」
かる〜〜いフレッシュなチーズムースはさっぱりだけどミルキーなコクがあります。果物を使った果肉感のあるソースとの組み合わせはとても美味しい(^^)

こちらもチョコレート尽くしの合間に、良いリフレッシュになる、美味しいデザートです。

チョコレートフォンダン レモンとタイムの香り

2018年9月 ザ・テラス チョコレートデザートブッフェ チョコレートフォンダン レモンとタイムの香り
繊細な香りと口どけを守るために、グラスカバーがかけられたこちらのデザートも、「ザ・テラス」チョコレートフェアではすっかりお馴染みになりました
今回は、グラス蓋の方にレモンの皮を削ったなんとも素敵で、目でも満たされるデザイン。

食べるためだけではなく、「視覚的・香り」を感じて欲しいというシェフのこだわりに、本当にこれはデザートブッフェで出されるデザートなのかなぁ!?と感激しちゃいました(^^)

チョコートフォンダン レモンとタイムの香り
チョコレートのふんだんな美味しさを、直に感じられます
形状をキープしているのが不思議なほど、とろめく濃密なゆる〜いチョコレートフォンダン。
このやわゆる〜な、なめらかさが、使われたピュアな生チョコの美味しさを教えてくれます。うっとりする甘〜いなめらかさ。
チョコレートフォンダン レモンとタイムの香り(断面写真)
添えられたラズベリーや、レモンピールのアクセントのおかげで、飽きずにいただけます。レモンとタイムのふわっとした香味がとても上品でした。

こちらは是非、舌がまだチョコ味でお腹いっぱいになる前に、いただいて、その繊細な、過不足のない美味しさを、感じていただきたい素敵なスイーツでした(^^)

スポンサーリンク


>目次にもどる

二皿目

赤いベリーのチョコレートパフェ、アプリコット入りパッションフルーツとチョコレートのキャラメリゼ*、スパイシーチョコポット、プラリネ入りキューブショコラ、マスカルポーネとイチジクのタルト
赤いベリーのチョコレートパフェ、アプリコット入りパッションフルーツとチョコレートのキャラメリゼ*、スパイシーチョコポット、プラリネ入りキューブショコラ、マスカルポーネとイチジクのタルト

赤いベリーのチョコレートパフェ

赤いベリーのチョコレートパフェ
赤いベリーのチョコレートパフェ
ボリューム感にひるみそうになりますが(同時に惹かれます)ブラックフォレストが洋酒入りで食べられない方、甘党さんは必食していただきたいパフェです。
赤いベリーのチョコレートパフェ
これぞパフェの醍醐味がつまった構成
たくさんのベリー果実とソースは甘酸っぱ!濃厚で濃密なチョコレートクリーム。そして、まろ〜んと旨味のあるカスタードと、ホイップがもりもり!

赤いベリーのチョコレートパフェ
トッピングのナッツやパールチョコもアクセント
「あま〜い、やだー幸せー、チョコ濃〜い、ベリーゴロゴロだ〜♪」とひとり寸劇をしながら(^^;)スプーンひとすくい毎が楽しくて、美味しいパフェでした。

アプリコット入りパッションフルーツとチョコレートのキャラメリゼ*

アプリコット入りパッションフルーツとチョコレートのキャラメリゼ
アプリコット入りパッションフルーツとチョコレートのキャラメリゼ*
パリッとキャラメリゼを開封。ミルクチョコレートと、ゆるいタルタルしたカスタードの甘さがあります。アプリコットのくにっとした食感のかみごたえの甘美味しさもポイント。
アプリコット入りパッションフルーツとチョコレートのキャラメリゼ
個体差か、パッションフルーツのソースが少なめで強烈な酸味は感じられず、ちょっと残念
そして最後は苦味のあるチョコクリームの濃さでしめくくられています(ベリーも入っていたかな)上からグラスの各層を、段階を経て楽しめる美味しいグラスデザートです。

スパイシーチョコポット

スパイシーチョコポット
スパイシーチョコポット
トップの甘いキャラメリゼされた、ナッツ片とカカオニブの甘香ばしさが幸せ〜おいし!と堪能していると、下のチョコ層のスパイスの刺激にちょっとびっくりします。

スパイシーチョコポット
少々エアー感のあるみずみずしいチョコクリームは、ピリびりっと舌先に辛味をはっきりと感じます
スパイスが苦手な方は避けた方が無難ですが、チョコとスパイスの組み合わせが好きな方は多分、ツボに来ると思うのでおすすめです。チョコの奥深さを楽しめ、フェアらしくて、もう一つ食べたかったスイーツです。

【アトリエ】マスカルポーネとイチジクのタルト

マスカルポーネとイチジクのタルト
アトリエコーナーのお気に入り
めちゃんこ、美味しい!

たっぷりこれでもかと、盛られたマスカルポーネのクリームが「ホアホアと甘〜くて、チーズの塩気と奥深いコクがあって最高…」
そして、ひっそり詰められたイチジクのジャムの甘さもすごく良いですね。

マスカルポーネとイチジクのタルト 断面写真
かっちりと冷え固まったクッキータルトカップは、焼き菓子の「香ばしい美味しさの集大成」を楽しめます
これはボリュームありますが、必食の美味しさです!

>目次にもどる

スポンサーリンク


プラリネ入りキューブショコラ

プラリネ入りキューブショコラ
見た目以上に、実際に食べてみるとボリューミーなので、いただくのは胃が元気なうち、最初の方をおすすめしますよ!
甘いチョコレートと、ナッティなプラリネの組み合わせの、ほこっとしたチョコレートムースが、美味しいチョココーティングの中に詰まりまくっています。
チョコレートのカカオと、ザラ味のあるプラリネは、奥行のある深いチョコレートムースの味わいになっています
チョコレートのカカオと、ザラ味のあるプラリネは奥行のある深いチョコレートムースの味わいになっています
コーティングをホグっと割って、ピュアなチョコを楽しみ、中の奥深いチョコムースの後味に酔える、とても美味しい子。

ブッフェじゃなかったら、このキューブショコラひとつで、チョコレート欲が満たされるような、可愛くて満足感のあるスイーツです。


三皿目

紅茶のババロア*、ラム酒香る大人のチョコレート牛乳*、カシスとプラリネのクリーム、チョコレートムース サクサククランブル、洋ナシのカラメルのムース、タルトショコラパッション*
紅茶のババロア*、ラム酒香る大人のチョコレート牛乳*、カシスとプラリネのクリーム、チョコレートムース サクサククランブル、洋ナシのカラメルのムース、タルトショコラパッション*

【アトリエ】紅茶のババロア*

紅茶のババロア
繊細な味わい同士から生まれる美味しさ
コンポートされた洋梨がシャクっとした食感と、優しい甘さ。

紅茶のババロアはとてもエアー感がある、ふんわりとした質感で紅茶風味もやわ〜く香ります。洋梨の繊細な甘さとの組み合わせが良いですね。

ラム酒香る大人のチョコレート牛乳*

ラム酒香る大人のチョコレート牛乳
ドリンク系が2種ありました
少しとろみを感じるチョコレート牛乳は甘過ぎず、牛乳よりも「チョコが勝った」しっかりとチョコレート味。

そしてラム酒がふんわりと漂うのが、本当に「大人のためのチョコレート牛乳」です。

カシスとプラリネのクリーム

カシスとプラリネのクリーム
カシスとプラリネのクリーム
チョコ生ホイップに、ちょっとざら味のあるナッティなプラリネクリームをたっぷりと堪能出来ます。
カシスとプラリネのクリーム
デザインもとても可愛い
お口いっぱいにクリームをつめこんで、コク豊かさにふくふくした幸せを感じていると、底のカシスの果実ゴロゴロとソースの甘酸っぱさに、目が覚めます。
カシスとプラリネのクリームアップ画像
カシスベリーがたんまりです!
クリームが大好きで、ぎゅーんと酸っぱい組み合わせも好き!な人は是非食べてくださいね。

チョコレートムース サクサククランブル

チョコレートムースサクサククランブル
名前にはありませんが構成はいつもの「タンバル」シリーズのグラスデザート
「チョコと酸味の組み合わせはいらない!甘いだけで良い。」方には、こちらのデザートが鉄板です。
チョコレートムースサクサククランブル
上と下でチョコムースの濃度差があり、一つのグラスでチョコの美味しさを楽しめます
軽めのチョコムースに、ザクザクチョコナッツフレークと、濃度の濃さが際立つチョコクリーム、1番下に厚みのあるザクっとクッキーが敷かれています。
チョコレートムースサクサククランブルのグラスの中の写真
個人的にはもうワンアクセント欲しいのですが、甘さオンリーが好きな方にはこれ!(^^)
上に乗った、どでかいクランブルがアクセントで、全てが「茶色オンリー=甘さオンリー」で構成されています。たっぷりのチョコレートと香ばしい食感は美味しいですね♪

【アトリエ】洋ナシのカラメルのムース*

洋梨のカラメルのムース
洋ナシのカラメルのムース
とろんとした蜜かかる、軽い口あたりのムースは甘香ばしい苦味を感じるカラメル味。

強めな洋酒の風味を感じる、シロップ染み込むスポンジをはさんでバニラムースには洋ナシのコンポート。土台はチョコスポンジです。

強い個性はなく、食べやすいムースケーキですが、洋酒使用のほろ苦い風味が大人味です。

タルトショコラパッション*

ウェスティンホテル東京ザ・テラス チョコレートデザートブッフェ タルトショコラパッション
タルトショコラパッション
タルトカップは、たんまりと詰まった、濃〜いガナッシュクリームの水分を、程よく吸収しています。やわほぐれる、しんなりと食べやすいタルトカップの食感でした(後半にとったせいもあるかもしれませんね)
タルトショコラパッション
ザクザクも良いけど、やわらかなタルトカップも馴染んで好き
タルトショコラパッション断面写真
カットするとトロリと流れ溢れ出す、パッションフルーツソースのイエローに「酸っぱさを予感」して思わず生唾ごっくん(笑)
食べてやっぱり!濃密とろけるガナッシュチョコクリームの、ドカンとくる甘さに負けていない、パッションの酸っぱさ!!
「甘い×酸っぱい」の、これぞ極みの美味しさ。

>目次にもどる

スポンサーリンク


【テーブルサービス 】チョコレートとラズベリーのスフレ

ザ・テラス2018年9月チョコレートデザートブッフェ提供のチョコレートとラズベリーのスフレ
一人ひとつ、温かな焼き立てスフレが提供されます
スフレはあたたかいうちにいただくと、とろける舌どけが楽しめます。
冷めてからいただくと、チョコレートとラズベリーの味が落ち着いて「キュッとしまった」お味になり、こちらの方が今回は好みに感じました。

クラシックショコラ
余力がなく食べられずのメニュー「クラシックショコラ」
ダブルチョコレートマフィン
こちらも粉物で食べられず「ダブルチョコレートマフィン」
四皿目
クルミ入りチョコレートムース、ラズベリーライチ、ヘーゼルナッツシュークリーム、オコア*
クルミ入りチョコレートムース、ラズベリーライチ、ヘーゼルナッツシュークリーム、オコア*

クルミ入りチョコレートムース

クルミ入りチョコレートムース
デザートも素敵ですが、その後ろの造形キャラの可愛さ、あまりのクオリティの高さに毎月毎月胸がキュンキュンします。テラスって完璧過ぎる
グラス中間をチョコレートプレートで仕切った素敵なデザインのデザートはこちらのブッフェでお馴染みです
クルミ入りチョコレートムース
たっぷりとチョコレートムースを楽しめます
香ばしい大きめのクルミゴロゴロ楽しめますが、使われているムースはデザートでも多用されているチョコレートムースです。お腹に余裕のない方は無理しなくても良いかもしれません。

ザ・テラス アトリエコーナー2018年9月のアイスメニュー
アイスメニュー

シャーベットは大好きなライムココナッツを浮気して、ラズベリーライチをいただきました。私には、ちょっと甘過ぎた印象です。

【アトリエ】ヘーゼルナッツシュークリーム

ヘーゼルナッツシュークリーム
ヘーゼルナッツシュークリーム
しんなりと柔らかなシュー皮に、こんもりと絞られたヘーゼルナッツホイップ、中にこってりね〜っとり濃厚ナッツクリームの2種のナッティ感を楽しめます。
ヘーゼルナッツシュークリーム断面写真
こんなにクリームたっぷりんこで良いのだろうか(嬉し過ぎる)
シュー皮底にはキャラメリゼナッツも忍ばせてあるのが、にくい。
あっさりめのテラスさんのシュー皮には、味わい2段構えの、こんなフィリングがぴったりですね。

ビスキーノア

ビスキーノア
ラッピングも可愛いビスキーノア
包みを開ける楽しみも添えてくれる、焼き菓子はついついお皿に撮りたくなっちゃいます。
ビスキーノア
ワクワクと包みを開くとシンプルなチョコレートの焼き菓子がこんにちは
しっとりとしたチョコレート風味ゆたかな生地に、たっぷりの胡桃が一緒に焼きこまれています。香ばしい胡桃の滋味深い美味しさと、生地の味わいが美味しかったです。

チョコレートケーキ“オコア”*

チョコレートケーキ“オコア”*
チョコレートケーキ“オコア”*
ペストリーブティック「ウェスティン デリ」でも販売されているケーキ“オコア”のデザートブッフェ版
ウェスティンホテル東京 ザ・テラス チョコレートデザートブッフェ チョコレートケーキ オコア
お店売りのメニューですから、美味しさは確定
キレのあるゆたかなカカオ感と、ほんのりとした酸味のクーベルチュール オコアを使用したケーキ。
しっとりどっしりとした生地と濃度の高いチョコレートクリーム、ナッツとカカオニブの苦味が、最高のバランスで完成されている、これぞ「チョコレートケーキ」というお味です。

今回のチョコレートデザートブッフェでも必食です(^^)

>目次にもどる

スポンサーリンク


最後のお皿。

ホワイトチョコレートと柚子のヨーグルト、クレミア(ミックス)、ラズベリーザッハトルテ*、ミルクチョコレートとピスタチオのムース*、ニューヨークチーズケーキ
ホワイトチョコレートと柚子のヨーグルト、クレミア(ミックス)、ラズベリーザッハトルテ*、ミルクチョコレートとピスタチオのムース*、ニューヨークチーズケーキ
テラスのデザートブッフェに行ったら絶対に食べる「クレミア」にチョコレート味も追加されました。チョコも試したいけど、いつものミルクも食べたい欲張りな私はもちろん、ミックスをチョイス!
ザ・テラス クレミア
クレミア(ミックス)
チョコも、もちろんとっても美味しいです。
そして、やっぱり私は良い意味で、クレミアのちょっとあり得ないほど濃ゆい(人工的なとも言う)ガツンと来る、ミルク感が至高だなぁと再確認しました。

美味しいソフトは沢山あるけど、なんか「クレミア」ってう別の食べ物感があります(中毒)

【アトリエ】ミルクチョコレートとピスタチオのムース*

ミルクチョコレートとピスタチオのムース
アトリエコーナーは一部しか食べていませんが、その中でお気に入りのケーキです
甘いミルクチョコレートのムースに、ピスタチオの濃いコクを感じられる、まったりと広がるムース。コリコリアーモンドなどの香ばしいナッツがたっぷりと入った、ゆたかな風味の土台生地。

はっきりとしたピスタチオ感が楽しめて、チョコとのマリアージュがとても好みでした。

ラズベリーザッハトルテ*

ラズベリーザッハトルテ
ラズベリーが愛らしい、ザッハトルテ

大好きなテラスさんのザッハトルテ。先月はノーマルのザッハトルテでしたが、今月はアレンジバージョンが並びました。

ザ・テラス2018年9月チョコレートデザートブッフェ ラズベリーザッハトルテ
チョコレートフェアでは欠かせない、ザッハトルテ
分厚く満足感のある、チョコレートコーティングに包まれた、しっとりもろもろとしたチョコレート生地。間には甘さがあるラズベリーコンフィチュールがサンドされ、チョコと甘酸っぱい美味しさのハーモニーに、思わずにっこり。

お腹いっぱいでしたが、しみじみと美味しさを味わえるケーキでした。

美味しい幸せ「おかわり」のスイーツ

ホワイトチョコレートと柚子のヨーグルト
ホワイトチョコレートと柚子のヨーグルト
最初に食べた時、これは絶対おかわりしたいと思った「ホワイトチョコレートと柚子のヨーグルト」あま〜く濃く、酸っぱい。大好きなお味です。


もう一つおかわり出来たスイーツ。最後にスープを取って来た時に一緒に思わず連れて帰ってしまいました(^^)

チョコレートフォンダン レモンとタイムの香り
「おかわり」チョコレートフォンダン レモンとタイムの香り
あぁ、なんて可愛いのだ

「もう、なんて美味しくて可愛いの!」と心もお腹もすっごく満されながら、大切にひと口ずついただきました。美味しいなぁ(^^)感謝。

ごちそうさまでした。

>目次にもどる

スポンサーリンク


まとめレビュー

9月〜10月はチョコレートデザートブッフェです。9月はチョコレートとベリーやフルーツとの組み合わせのメニューが目立ちました。

チョコレートは重いので、どうしても味に食べ飽きてしまいますので、爽やかな酸味との組み合わせは、チョコレート一辺倒より食べやすかった印象です。

沢山並ぶスイーツ達。一つ一つ大切に、美味しく、美しく、組み立てられたデザートをいただけて、とても満される気持ちになれます。毎月伺えるこんな場所がある事、本当にしあわせです。

パティシエの皆さん、いつもありがとうございます。美味しかったです、ごちそうさまでした。

あま子
にほんブログ村 スイーツブログへ

デザートブッフェの予約について

  • キャンセルも多いので小まめにサイトをチェックしたり、電話で問い合わせてみて下さい。意外に空いている事が多いです!
  • ザ・テラス (予約・問い合わせ)TEL 03-5423-7778

ディナーやランチのブッフェでも充分なデザートコーナーの品揃えなのでそちらもオススメします

  • 一休サイト(おひとりから予約可能)

平日ランチ【スパークリングもOK!1ドリンク付】プレミアソフトクリームも!自慢のデザートも充実!優雅なランチ

ディナー【特定日・予約数限定】通常7078→5000!落ち着いた雰囲気で楽しむ優雅なブッフェ

  • オズモール(2名から予約可)

【平日限定★スパークリングワイン付き】憧れのウェスティンホテル東京で!ローストビーフなど約50種類のディナーブッフェ

テラスディナーレポート
www.amakozakki.com